1. トップページ
  2. 女性に多い乾燥皮剥けを作る原因

女性に多い乾燥皮剥けを作る原因

皮が剥けてくるほどの乾燥肌の人は、先天的な遺伝体質や、何か皮膚疾患などにかかっていないのであれば、日常でセラミドを自分で減らしている生活をしています。

乾燥肌による皮が剥ける症状を何とかしたいなら、このセラミドを減らす生活習慣を少しでも改善しないかぎり、あとで述べる有効な保湿対策をしても満足いく肌にはなりませんよ。

原因No.1は洗顔・クレンジングにあり

セラミドは肌表面の角質層にあります。

そして、セラミドは脂質性があります。つまり、皮脂と似ているということ。

また、お化粧のメイク成分も油分がありますよね?

ということは、洗顔・クレンジングでセラミドは、汚れやメイクと一緒に落ちてしまうということです。

でも、大半の人は洗顔・クレンジングで皮が剥けるほどまで乾燥しません。

それば、減少したセラミドはちゃんと元に戻るからです。

しかし、その減少量が、戻る量より多くなると、次第にセラミド不足が進行。日中でも乾燥して皮が浮き上がってきて、ファンデーションがザラザラになってくるようになります。

女性の場合は、この洗顔・クレンジングのやり過ぎというのが皮剥け肌の発端となっているケースが非常に多いです。

なぜなら、男性の場合はあまり顔の肌が皮剥けで悩むというケースが、女性に比べて圧倒的に少ないからです。男性はあまり洗顔に時間をかけませんし、むしろ水洗顔の人も多いです。それに化粧もしないからクレンジングもしませんしね。

だから女性の場合、洗顔とクレンジングは今よりマイルドに、かつ短時間で済ませるようにしないかぎり、ほぼ皮剥け乾燥肌は改善されないと思っていいでしょう。

女性特有の肌に触れる回数が乾燥を悪化させる

セラミドは角質層の中にありますが、それが減少するパターンは洗顔など以外に、直接物理的になくなる原因もあります。

それこそ皮剥けです。

セラミドは角質細胞同士の隙間に詰まっている液状状態のようなものです。

皮むけするということは、裏にあるセラミドが表に出てきて流れでやすくなるということです。

そして皮が剥ける症状に至るまで、洗顔やクレンジング、はたまたメイクや癖などで顔の肌に手やブラシ、パフなどが触れる回数が多ければ多いほど、気づかない内に角質が剥がれていきます。

それが積み重なってセラミド不足が発症。肌水分量が維持できなくなり、角質細胞が自己崩壊を起こして皮剥けとなります。

つまり、肌に触れる回数が多ければ多いほどセラミド不足になりやすいということ。

これも男性より女性のほうが乾燥肌が多い、皮剥け症状が多いのと事情が一致していますよね。