1. トップページ
  2. なぜ保湿しても乾燥皮剥けが治まらないの?

なぜ保湿しても乾燥皮剥けが治まらないの?

当たり前ですが、原因が解決するか、多少は改善されないと、有効な対策の効果はほとんど現れません。

お金が足りないからとバイトを増やして収入が増えても、無駄な出費がある場合はそれを改善しないと家計の苦しさは良くならないのと同じです。

では、顔の肌の皮が乾燥で剥けるというのは、当然「乾燥」が原因なのですが、保湿してもそれが良くならない状態。

その乾燥の根本原因は何か?

これを知らないとどうしようもありませんよね。

皮剥けは乾いたティッシュと同じ状態と考えて

白く薄くポロポロとむけてくる皮膚は角質細胞の塊です。

肌表面の角質層は、ちょうどティッシュペーパーが何重にも重なっているような状態。

ティッシュペーパーをそのまま重ねても、ちょっと息を吹きかければバラバラになりますよね?これが今のあなたの皮膚状態。

でも、上から霧吹きなどで水分を与えて湿らせてあげればどうでしょうか?

ティッシュペーパーがお互いにくっついてまとまり、指で摘んでも剥がれないでしょう。これが乾燥による皮剥け肌になるかどうかの仕組みです。

セラミド不足で保湿は意味をなさなくなる

やはり肌水分を増やす保湿が重要じゃないか!?

となりますが、ティッシュペーパーはそれ自体に水分を含む機能がありますが、肌の角質細胞にはその機能があまりありません。

そのため、化粧水で水分をたっぷり与えても水分を保持できません。

では、潤って綺麗な肌の人は、一体どうやって肌に水分をキープしているのか?

それがセラミドです。

ここで乾燥皮剥け肌の大きなポイントとなります。

つまり、セラミドが不足しているから肌に水分を蓄えることができない、だから乾いたティッシュペーパーのように角質が剥けてしまう…というわけです。

だから、セラミドを増やせば万事解決となりそうなのですが、そうは簡単にいかないから厄介なんです。

ここで、セラミド不足の原因と、保湿が効かないという2つの問題が出てきます。