1. トップページ
  2. メイクをする女性でもできる乾燥皮剥け対策

メイクをする女性でもできる乾燥皮剥け対策

これが、乾燥肌による皮剥け肌症状がなかなか治らない原因のいろいろです。

では何かせめてできることはないかというと、女性の場合はかなり困難でしょうが、まずお化粧はしないことです。

そして洗顔もできるだけ簡単に短時間で行い、できれば水・ぬるま湯洗顔にすること。

そしてワセリンで保湿。

を続けていけば、理屈上は皮剥け症状は治まるでしょう。

しかしそれができない人のほうが大半です。

だったらどうするか?考えられるのは以下の方法です。

泡立ちがいい洗顔料は逆に皮剥け原因になるかも

まず、洗顔とクレンジングは、セラミドを落とし過ぎない洗顔料に変えます。

本当は洗顔に関しては水・ぬるま湯洗顔がいいのですが、なかなかそれが実践できない女性が多いので、妥協としてこのような方法もありでしょう。ただ洗顔料を使うのは夜だけにして、朝は水・ぬるま湯洗顔にするべきです。

洗顔に関しては泡洗顔がいいとされますが、泡洗顔にはデメリットもあり、泡のマイルドな感触のせいで長く洗ってしまい、セラミドが減少しやすい洗顔方法になることがあります。

むしろ、泡立ちが悪いシンプルな洗顔石鹸のほうが皮剥け乾燥肌には優しいくらいです。全く泡立たないクレイ洗顔でTゾーンだけ洗うといった方法でも良いでしょう。

保湿化粧品はセラミド系がベスト

洗顔後の保湿ケアは、角質層の中で保水する成分が含まれたものがベスト。

一般的なヒアルロン酸やコラーゲンは、皮むけして薄くなった角質層にはあまり力を発揮しません。試してみましたが持続性が乏しくて、何度も塗り直したくなります。

やはりセラミド不足が原因なのですから、素直にセラミドを補うのがベストです。

もしくはそれに類似した機能を持つ成分です。

セラミドは角質層の隙間に入り込んでいき、ヒアルロン酸などと比べて浸透しやすくて肌に自然に馴染み、長時間維持されるため、何度も塗り直すなどの刺激リスクも避けられます。

夜に保湿して朝起きても、ヒアルロン酸のように「保湿される?」という感覚はなくて、非常にモチっとした保水感が残っているのが分かります。この持続力が肌の生まれ変わりをしっかりと後押し。セラミド増加を助けてくれます。

敏感肌に使えるかどうかより、ブランドが徹底しているかどうか?

あとは刺激性についても注意。

「敏感肌にも使えますか?」

という質問は、保湿化粧品のメーカーに非常に多い質問です。

その場合、どこのブランドでも、「刺激がないことは各種検査しているが、肌質によるので目立たない部分で試してみてほしい」といった回答になります。

普通の乾燥肌なら、一応刺激性について注意しているブランドならそんなに問題は起きないでしょう。

しかし、乾燥がひどくて皮がむけているような肌の場合、いわゆるバリア機能がほとんど崩壊しているような状態。下手すると水でさえもしみるような人もいます。

なので肌に付けるものは、それなりにこだわって作られているものがベスト。そうじゃないと余計に肌が汚くなります。

今や敏感肌にも使えますなんて触れ込みはあって当たり前。もし保湿化粧品を選ぶなら、さらにもう一歩踏み込んだ安全性への取り組みがあるブランドにしましょう。