1. トップページ
  2. 皮むけ乾燥肌に必要なのは保湿じゃない?必要なのは「保水ケア」

皮むけ乾燥肌に必要なのは保湿じゃない?必要なのは「保水ケア」

しかし、こういった皮剥け症状の根本原因である、重度の乾燥肌、セラミド不足を作る習慣はなかなか治りません。

特に女性は無意識に、ある意味本能的にやっており、完全に癖になっていてなかなか改善されません。

そこでやはり保湿ケアに頼ることになるのですが、みなさん既にいろいろ試していることと思います。

でも保湿効果が感じられないのでは?

それは、保湿という言葉に若干の勘違いがあるからです。

セラミド不足は穴の空いたバケツと同じ

保湿というと、漢字のとおり、「湿り気を維持する」ことです。

それはつまり、肌に水分を与えて維持するということなのですが、ここまで読んだ人にはお分かりのように、水分を維持するセラミドが不足しているんですよね、皮剥け肌には。

なので、一般的な保湿、つまり水分を与えて維持しようとしても、セラミドがないから保湿が続かないのです。

これが、乾燥皮剥け肌に保湿ケアが効かない理由です。

いわば、穴の空いたバケツに、必死に水を入れようとしているだけ。無駄なんです。

せめて、剥けそうになっている角質が一時的に湿って、剥がれるのが遅れるだけです。

セラミドがない肌というのは、ティッシュペーパーなんです。まさしく。

ティッシュペーパーにいくら水を染み込ませても、放っておくとすぐに乾いてパリパリになるでしょう。それと皮剥け肌は同じ状態。

皮剥けするほどの乾燥肌は保湿じゃ追いつかない

だから保湿しても保湿しても、結局は肌水分量が上がっては下がってのジェットコースター。

保湿する度に肌に触れる回数が増えるし、肌水分量の蒸発を繰り返す度に、保湿すればするほどに乾燥が悪化してきます。

皮剥け肌を治そうと努力していることが、結局悪化させていることにもなります。

皮が剥けるほどではない、普通の乾燥肌なら、肌に湿り気を与えることで肌水分量の蒸発が治まる時間が伸びます。

肌水分量の減少にブレーキがかかれば、肌細胞の生まれ変わりが正常化するため、セラミドもより多く作られるようになって乾燥が改善されます。

ワセリンが乾燥肌にいいとされるのは、ヒアルロン酸などと違い、物理的に強力で落ちにくい皮膜を作るため、長時間水分蒸発を抑えるからです。

万能ワセリンは実は万能じゃない

だったらワセリンで乾燥皮剥けが治まるかというと、そういう人もいればダメだったという人も多いです。

その理由に、ワセリンは一度塗ると38℃以上のお湯じゃないと綺麗に落とせません。そのため、女性は朝にしっかりと洗顔をしてからメイクをすることになり、結局その洗顔がセラミドを減少させてしまうこととなり、本末転倒になるからです。

だからワセリンでケアするなら、もう集中してワセリン治療を行い、メイクなどは完全に辞める必要があります。