1. トップページ
  2. 乾燥肌の皮膚剥がれ!保湿ケアの注意点は?

乾燥肌の皮膚剥がれ!保湿ケアの注意点は?

ワセリンで治してセラミドでケア!

皮膚が剥がれる肌トラブルの大半は乾燥が原因。

じゃあ保湿するぞ~ってなって数多くの化粧品を中途半端に使ってきた私。

結局行き着いたのは、なんだかんだでワセリン。

皮むけが本当にひどくなって皮膚科に駆け込んで処方されたワセリン。というか薬局に売ってるじゃん、これ。

でもなめていたけど、これを塗るとかなり皮膚のはがれが収まりました。とりあえずベターっとしているので塗れば即効皮むけが収まりますし、寝る前にうす~く塗っておけば、2週間くらいで徐々に肌に変化がでてきて剥がれる量が少なくなっていきました。

だから皮むけがひどいのならワセリンですね。これは間違いないです。

ただ、ワセリンっていつまでも使えるものじゃないんですよ~

すごい重い、べたつく、手についたらいくら洗っても取れないんですよ、ぬめりが…

逆にそれだけ肌を守ってくれるという証拠なのでしかたがないのですが、皮膚剥がれ症状が落ち着いてきたらちょっと面倒になってきて…

でもワセリン以外に使ってきた保湿化粧品ってむしろ逆効果だった気がするほどでそれも使うのに気が失せます。

ただ皮膚科きっかけで気づいた細胞間脂質、つまりセラミドの重要性を知ったので、セラミド入りの保湿化粧品はちゃんと使ったことがなかったので試してみたいという衝動に。

結局使ってみて気づいたのは、保湿ケアで必要、求められる機能ってものすごく限られているということ。そんなにあれこれ保湿成分はいらないよということです。

それと刺激。

ワセリンは無害だしベタッとしているから刺激にはなりえないですが、その他保湿化粧品の多くは結構いろいろ入っていて、皮むけしていない顔の部分にはオッケーでも、皮むけしているところは染みたりかゆくなったりと散々でした。

でもなるべくシンプルなものだったり、敏感肌専門ブランドのものだと結構使えます。

だから皮が絶賛進行中でむけているなら、皮膚科に行くかワセリンでしばらく我慢するのが何だかんだで一番治りが早いです。

そして治ったらセラミドの保湿化粧品でしっかり細胞間脂質を増やして、肌水分量を維持してまた剥がれないようにすることがいいと思います。

となると、もう本当にセラミドがあれば他に派手な保湿成分はいらないよね?という考えに落ち着いていかないでしょうか?私はもう魅力的過ぎる成分には惹かれませんよ。セラミドにラブです!