乾燥肌で顔の皮が剥ける!保湿が効かない場合は?

乾燥肌による皮むけ原因は自分にある!

皮むけしてしまうほどの乾燥肌は、しっかり保湿しても良くならないことがあります。

その理由は、アレルギーや皮膚疾病などを除けば…

  • 保湿ケアそのものに意味がないことをしている
  • 洗顔・クレンジングに原因がある

このどちらかです。

化粧水も保湿クリームも効かないのには理由があります。

保湿ケアは皮むけ乾燥肌に実はイマイチ

化粧水は特に意味なし!

乾燥して皮むけするのだから、化粧水でたっぷりと水分を与えればいいんじゃない?

というのは大間違い!

一度乾いた角質(皮むけした薄皮)は濡らしても水分がほとんど戻りません。一時的に湿るだけ。

無理に濡らしてもまた乾いた際に余計に肌から水分が蒸発します。お風呂上がりに急に乾燥がひどくなるのと同じですね。

ただ、使ってダメということはありません。でも皮むけ乾燥肌対策に、化粧水は重要ではないということ

ワセリン・保湿クリームは状況次第

ワセリンや保湿クリームは、被膜を作って肌にフタをします。

このフタが角質を押さえつけてくれるため、一時的に皮むけ症状をストップさせます。

しかし、あくまで一時的。見た目を良くする効果はあります。

その状態を維持しつつ、本当の皮むけ原因をなくすることができれば皮むけ乾燥肌は改善します。でも、その原因をなくすことができれば、必ずしもワセリンや保湿クリームは必要じゃありません。

皮むけ肌に増やしたいのは水分より細胞間脂質

皮むけすると明らかに肌が乾燥しているのを感じますよね。でも保湿しても治まらない。

それはちょっと考え方を変えないといけません。

乾燥肌だから皮むけになるのではない

皮むけは乾燥肌に併発して起きるトラブルですが、厳密に言うと乾燥はあまり関係ないんです。

乾燥しているから皮むけするのではなくて、皮むけする肌が乾燥しているだけなんです。

皮むけするような肌は乾燥しやすいというわけ。

細胞間脂質の主役「セラミド」が角質をくっつけている

特に皮膚病でもなく、肌が乾燥していて皮むけする場合……

その理由は細胞間脂質不足です。特にその中心となるセラミド不足が原因。

細胞間脂質はセラミドが約50%。残りがコレステロールや遊離脂肪酸などです。

この細胞間脂質が角質同士をくっつける接着剤の役割をしています。

皮むけ肌は細胞間脂質、特にセラミドを増やすことが対策のキーポイントです。

角質は剥がれたがっている。それを引き止めているのがセラミド

肌は基底層という、コラーゲンなどがある真皮層の上の部分で誕生します。そして2週間ほどかけて形を変えながら表層に上がっていき、最終的に核がなくなり死滅。角質となって10枚以上積み重なって、また2週間以上肌にとどまります。

このサイクルをターンオーバーと言います。よく聞きますよね。

最終的には垢となって自然に剥がれます。お役御免です。

その時期が近づくと、古くなった角質は剥がれやすい状態になります。まだ肌の奥にあるときは、角質同士が鎖のようなもので繋がれています。剥がれる準備です。

でも、これはまだ剥がれてはいけない時期から鎖が外されます。

それを接着剤のようにくっつけて引き止めているのがセラミドなど細胞間脂質なんです。

皮むけ肌はセラミド不足のため、鎖が外れた時点で剥がれて剥けてしまう……だからポロポロ角質が浮いてきちゃうわけ。

セラミドが肌水分量の8割をキープしているから、不足すると当然乾燥する

そして皮むけ肌が乾燥している理由もセラミド不足。

肌水分量として計測されるのは角質層内の水分量。一番表層部分の水分量です。

ここで水分を蒸発させずにキープしてくれているのがセラミドです。だからセラミド不足になると肌水分量は大幅にダウンします。

なので、乾燥しているから皮むけするのではなくて、セラミドがないから皮むけする、ついでに水分も維持できないから乾燥する……と考えたほうが自然なんです。

もう少し具体例でセラミド保湿の仕組みを知りたい人は「薄切り肉で学ぶ皮むけ乾燥肌改善方法」で。

皮むけ肌が一番落ち着くのがセラミド保湿化粧品

乾燥して皮むけ。

この症状で悩んでいるあなたが、まずどうなりたいかというと……

  1. とりあえず皮むけしていることを隠したい
  2. 乾燥肌を改善したい
  3. もう二度と皮むけも乾燥も繰り返したくない

ということになりますよね。

となると、一番手っ取り早いのがセラミドを多く配合した保湿化粧品を塗ることです。

ヒアルロン酸やコラーゲンじゃありません。セラミドです。足りないのはセラミド。だったらそれを補うのが当然ですよね。

角質定着性が皮むけを抑えられるかの分かれ目

ヒアルロン酸やコラーゲンの保湿化粧品でもいいじゃないか?

サブ配合としてなら構いません。でもメイン配合はあまりよくありません。希望通りに剥けた角質が元に戻りません。

理由は、角質への定着性に劣るからです。

セラミドがなぜ皮むけをピタッと抑えてくれるかというと、セラミド不足だからというのはもちろんあります。ただそれ以上に、水分にも油分にも馴染む性質があるからです。

セラミド自体は油脂です。でも水分を挟み込む性質もあります。

水で物質同士はくっつかないですよね。でも油ならくっつくでしょう。セラミドは水分を抱えながら油脂として存在するため、鎖が外れた角質同士を繋ぎ止められるのです。

一方、コラーゲンやヒアルロン酸は主に肌のハリを支えている裏方です。確かに角質を落ち着けることもできますが、持続性にかけます。

やはり角質層には、元からあるセラミドがNo.1ということ。

肌水分量はセラミドで決まる

ヒアルロン酸もコラーゲンも肌水分量に関与します。

特にヒアルロン酸は角質層の奥のあたりで、表層に水分を届けるクッションの役割をしています。非常に重要です。

ですが、一番大事なのは、肌表面でいかに水分を蒸発させないかです。

表層で水分がしっかりとどまれば、奥から染み出してくる水分もじんわりと肌全体に行き渡ります。仮にヒアルロン酸量が肌奥で増えたとしても、肌表層のセラミドが不足していると水分がダダ漏れです。

一番大事なのは、肌表面で水分を受け止められるか?

肌水分量チェッカーもここの水分量を計測しています。この数値が高ければ美肌でしたよね?

となると、その表層、つまり角質層で一番安定してとどまってくれるセラミドしかないわけです。

他にもリポソーム系だったり、浸透性を工夫したものなら同じようにセラミド同等に水分量を維持してくれます。ただ、角質を繋ぎ止めることを考えると、セラミドを選択したほうがいいですよね。

ターンオーバー悪化原因をストップできるから繰り返さない

セラミドは皮むけ状態を綺麗に落ち着けるだけでなく、高い保水性を長く発揮してくれます。

これにより、ターンオーバーに欠かさせない肌環境を維持してくれます。

この後に解説する、乾燥皮むけ肌の根本原因さえ防げていれば、セラミド保湿しておくだけで肌は綺麗になり、乾燥も皮むけも繰り返されなくなります。

顔の皮むけ乾燥肌No.1原因は断トツでクレンジングと洗顔

皮むけ乾燥肌になったら、一番先に考えないといけないのがクレンジングと洗顔です。

なぜなら、この2つは強力にセラミドを除去するからです。

皮むけ乾燥肌になってしまう原因の99%はクレンジングか洗顔のどちらか、もしくは両方です。

皮むけも乾燥肌も女性に多い理由はクレンジングと洗顔が丁寧すぎるから

男性は女性より皮膚が厚くて頑丈です。そのためセラミドが流出しにくく皮むけも起こしづらいです。

でも、そんな男性でも石鹸でゴシゴシ顔を洗えば、下手すると1日で皮むけが起きます。なぜなら、石鹸の脱脂力でセラミドが取れて角質が剥がれやすくなり、摩擦でさらに荒れるからです。

一方女性はクレンジングと洗顔は優しく、優しくやることを意識しているはず。

ところが、その優しくという心がけがダメなんです。

皮むけ乾燥肌の女性はみんな洗いすぎ

洗顔とクレンジングには界面活性剤が含まれています。

界面活性剤は悪者にされがちですが、乳化剤(水と油を混ぜる)としての役割も大きく、乳化剤としての非イオン界面活性剤での適切な使用量なら普通は肌トラブルを招きません。

ただ、洗顔とクレンジングは乳化ではなく洗浄がメインのため、どうしてもセラミドへの影響が大きくなります。

これはメイクや皮脂汚れを落とすために必要なものなので、別に悪いことではありません。ただ、肌に直接触れる時間が増えるとマイナスになります。

男性はクレンジングしませんし、洗顔も結構いい加減です。女性はクレンジングをしますし洗顔も時間をかけてやります。

通常、顔を洗わないと、もしくは洗顔料を一切使わずに水・ぬるま湯洗顔なら絶対に皮むけしません。肌も乾燥しません。

ということは、クレンジングと洗顔がダメだということですよね。

丁寧にやっていると女性はみんな言いますが、そこじゃなくて時間をかけすぎているのが問題なんです。

丁寧なクレンジングで余計に皮がむける

クレンジングをする場合、人によって顔のどこからという癖はあるでしょう。ただ共通しているのは、メイクを浮かせ終わった部分も、最終的に洗い流すまで肌に付着したままです。

頬からメイクを浮かせて、次はおでこ……と仮に進めた場合、既にメイクが浮いたおでこ部分は、クレンジングの界面活性剤が肌に影響し続けます。そのため、丁寧に優しく優しくやって時間をかければかけるほど、角質層からセラミドが流れ出ます。

丁寧にクレンジングするということは、それだけ時間がかかるということ。

確かに摩擦はダメです。でも、強力な洗浄力のクレンジングを長く肌に付着させるほうが角質が剥がれやすくなるのです。

洗顔料は馴染ませるだけでほぼ汚れは落ちている

これは口を酸っぱくして言っても女性の9割が信用しないのですが、洗顔料を使っている時点で、肌に乗せた瞬間に汚れはほぼ落ちています。
クレンジングに関しては多少馴染ませる必要がありますが、それ以外の汚れに関しては目に見えて取れたかどうか分かりませんよね?

酸化した皮脂汚れが残ると肌に悪いという話を聞いたことがあると思います。だからこそ、汚れは肌に残しちゃダメだと。

これが、メイクみたいにどこに汚れが残っているのか目に見えて分かればいいんです。そこだけ洗えばいいので。

でも実際は見えません。なのでみんな、丁寧に隅々まで入念に洗います。

ところが、洗浄成分を肌に乗せた段階で90%の汚れは浮いています。そこからさらに1分以上時間をかけて洗うと、既に皮脂がない肌に洗浄成分がダイレクトに付着します。

どうなるか?

当然セラミドが流出します。

逆に体の場合はどうでしょうか?

皮膚が顔より厚いのもありますが、顔ほど時間をかけて洗わないでしょう。

顔の皮膚は相当薄いので、時間をかけて洗った時点でアウトなんです。

医薬部外品~セラミド生産を促す優しいクリーム

あまり知られていないでしょうが、皮膚水分保持機能、つまりセラミド保水機能を改善する作用が認められた唯一の成分ライスパワーエキスNo.11というのがあります。

その元祖のクリームがアトピスマイルです。

非常にあっさりとしていて伸びやすいです。乾いて浮き上がっている角質を引っ掛けず、スーッと上から落ち着かせてくれます。ベタつきもほぼないので、化粧下地として、またはその前に塗っておくとファンデーション崩れ予防にもなりますよ。

価格

約1~2ヶ月分本製品2,500円 送料無料

敏感肌対応のセラミド主体保湿化粧品

皮膚科の窓口横でよく見かけるブランドです。肌荒れ予防成分を配合した医薬部外品で、美容液とクリームにセラミドが配合されています。

皮むけ乾燥肌になるとバリア機能が落ちるため、かゆくなったり赤くなったりと肌荒れしやすくなります。炎症予防成分が入っているので、皮むけと肌荒れの両方が気になる人に。

価格

7日日間トライアル1,500円 送料無料

敏感肌専門ブランドですがハリ感やほうれい線などの美容ケアもできる珍しいラインです。

特に特許技術のヴァイタサイクルヴェールが特徴的。ワセリンのように肌を保護し水分蒸発を防ぎますが、ベタつきがゼロという技術。重くないけどワセリン保湿したときと同じ安心感があります。

美容ケアは親会社のポーラ技術なのでいい加減なものではありません。それを自社工場で製造。ただ敏感肌専門と言っているわけじゃないのが大きな違いですね。

ほぼ同成分でカバー力が高いアヤナスBBクリームもあります。どうしてもメイクしないといけない人は検討価値ありでしょう。

価格

10日間トライアル1,480円 送料無料

上記のアヤナスとベースは同じです。セラミド不足の肌のためのベーシックラインで、洗顔とクレンジングに工夫がされています。

また濃厚なセラミド化粧水とクリームの2点ケアというのも特徴的。とにかく荒れやすい、弱い、すぐに乾く肌の見た目を改善しつつ、綺麗な肌に勝手に導いてくれるような内容です。

特に肌が薄いときは安心感が抜群です。真冬の寒風や冷たい水でも気にならないのはこれくらい。

価格

14日間トライアル1,470円 送料無料

セラミド保湿が選ばれる理由~見た目と洗顔・クレンジングの悪影響をカバーできるから

なぜセラミド保湿が選ばれるかというと、当然、足りないのがセラミドだからです。乾燥を感じなくなるのは大きなメリット。

でもそれだけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲン保湿より強く感じるメリットがあります。

※肌が赤くなっていたり、皮むけが洗い過ぎ以外の原因の場合は皮膚科で要診断を。

見た目が良くなり皮むけ状態が分からなくなる

皮むけ状態の程度にもよりますが、角質をくっつけているのはセラミドなので、肌の上から与えるだけで浮いた角質がピタッと元に戻ります。

水で濡らした以上に綺麗に落ち着くため、ほぼ皮むけしていることがバレません。

製品にもよりますが、上からファンデーション等を塗っても毛羽立たないので見た目は相当改善されます。

これがコラーゲンやヒアルロン酸だと、角質が完全にくっつかないのと、くっついても摩擦に弱いという点があります。だからセラミド保湿が選ばれるのです。

洗顔・クレンジングの悪影響を減少できる

角質層にセラミドを浸透させることで、角質層にセラミド量が増えます。

なので、洗顔・クレンジングのときに流れ出る分を増やすことができるます。自前のセラミドが流れ出るのを少なくできるというわけです。

これがヒアルロン酸やコラーゲンだと簡単に流れ出てしまうため、すぐ素肌に影響してしまって意味がありません。

皮むけ乾燥肌の原因は、ほぼ間違いなく洗顔とクレンジングのやり過ぎです。

しかし、急に半分の時間などにすると、皮脂が余ったり、うまく洗いきれておらずニキビや違う肌荒れトラブルの元となります。

だから気持ち時間を短めに変えていき、徐々に時短で洗えるように慣れていかないといけません。その慣れるまでのセラミド減少を、セラミド保湿でカバーできるというのが大きなメリットなんです。