乾燥肌で顔の皮が剥ける!保湿が効かない場合は?

乾燥肌による皮むけ原因は自分にある!

皮むけしてしまうほどの乾燥肌は、しっかり保湿しても良くならないことがあります。

その理由は、アレルギーや皮膚疾病などを除けば…

  • 保湿ケアそのものに意味がないことをしている
  • 洗顔・クレンジングに原因がある

このどちらかです。

化粧水も保湿クリームも効かないのには理由があります。

実はイマイチな保湿ケア

化粧水は特に意味なし!

乾燥して皮むけするのだから、化粧水でたっぷりと水分を与えればいいんじゃない?

というのは大間違い!

一度乾いた角質(皮むけした薄皮)は濡らしても水分がほとんど戻りません。一時的に湿るだけ。

無理に濡らしてもまた乾いた際に、余計に剥けやすくなります。お風呂上がりに急に乾燥がひどくなるのと同じですね。

ただ、使ってダメということはありません。化粧水が重要ではないということ

ワセリン・保湿クリームは状況次第

ワセリンや保湿クリームは、被膜を作って肌にフタをします。

このフタが角質を押さえつけてくれるため、一時的に皮むけ症状をストップさせます。

しかしあくまで一時的。結局、洗顔をする際に皮膜(フタ)と一緒に角質が剥けてしまうため、根本的な改善にはなりません。

でも洗顔やクレンジング、メイクに問題がなければ、単純にワセリンや保湿クリームだけ塗っていれば皮むけは治まるはずです

皮むけ肌は隙間だらけの肌なので、そのままだと肌水分量が維持できずターンオーバーが正常にサイクルしません。そのため、最初から水分保持ができない角質ばかりになり、最初から剥けやすい肌になります。

そこでフタをすることで水分蒸発をストップ。ターンオーバーを正常に整える作用が効果を発揮します。

ただ多くの人は、最後に説明する洗顔・クレンジングが皮むけ原因を作っており、このケア1つで改善しないケースが目立つんですよね…

皮むけ肌に増やしたいのは水分より細胞間脂質

乾燥肌だから皮むけになるのではない!?

皮むけは乾燥肌に併発する起きるトラブルですが、厳密に言うと乾燥はあまり関係ないんです。

乾燥しているから皮むけするのではなくて、皮むけする肌が乾燥しているだけなんです。

その理由が細胞間脂質

細胞間脂質はセラミドが約50%。残りがコレステロールや遊離脂肪酸などです。

この細胞間脂質が角質同士をくっつける接着剤の役割をしています。つまり、皮むけ肌というのは、細胞間脂質が足りないから起きるトラブルです。

そしてセラミドが特に水分を大量に保持します。肌水分量はほとんどがこのセラミドの働きで維持されているんですよ。

つまり、「セラミドが不足して乾燥 → 皮むけ」 ではなく 「細胞間脂質が不足して皮むけ → セラミドも足りないから乾燥」といったほうが自然なんです。

セラミドがいい!と言われる理由がこれ

細胞間脂質は化粧品等でそのまま補うことができません。

しかしセラミドなら一部可能

細胞間脂質の約半分がセラミドなので、100%ではありませんが細胞間脂質として肌に届けることができます。

角質の接着剤としてはやや力不足な面もありますが、同時に大量の水分を保持してくれます。

つまり、肌水分量が上昇し、角質同士の隙間も埋めてくれて水分蒸発も防いでくれます。肌のターンオーバーを正常化させるにはもってこいの成分なんです。

ヒアルロン酸やコラーゲンも大量の水分を肌に届けてくれますが、角質の接着剤にはなりません。皮むけ乾燥肌に必要なのは直接的には水分ではないので、セラミドは非常に優秀というわけ。

薄切り肉で学ぶ皮むけ乾燥肌改善方法

セラミドを肌に補うとどうなるのか?

簡単にイメージするなら、角質の構造を知ってください。

かなり薄い肉=角質(剥け落ちるもの)

肌の最表面は、薄切り肉が20枚くらい重なっていると思ってください。

薄切り肉=角質細胞

です。

角質細胞がが20枚ほど重なっているのが角質層。肌の一番表面にあります。

白く薄く剥けている物体は、この角質層の薄い角質細胞一枚一枚です。つまり薄切り肉一枚です。

乾いた薄切り肉は縮んで重なりにくく崩れやすい

新鮮で水分を多く含んだ薄切り肉と、古くなってカピカピに乾燥した薄切り肉。

前者はしっとりして柔らかい。なので肉同士が密着して積み上げやすいはず。

でも乾いた薄切り肉を20枚積み上げるのは難しいですよね?

薄切り肉が乾いて縮み上がり、ウネウネしています。そのため肉同士の隙間が大きくなって、肉同士が密着しないからです。

非常に不安定。これが乾燥による皮むけ肌と同じ状態

ターンオーバーが乱れると、NMFという保水成分が角質細胞内に不足します。さらに角質が未熟に育ちます。

つまり、薄切り肉が小さくて乾いている。さらに隙間が増えてしまいますよね。

薄切り肉イメージで一般的保湿ケア効果を検証してみよう

化粧水で乾いた角質は元に戻らない

化粧水で水分をたっぷり与えてみましょう。

一度乾いた肉って、新鮮な状態のみずみずしさに戻りますか?

戻らないですよね?

肉も角質細胞も、一度乾いてしまうと水分を外から与えても十分に吸収できないのです。もし吸収するのなら、化粧水で保湿したあとすぐにまた乾かないでしょう。

つまり、乾燥が原因だからといって、たっぷり肌に水分を与えても皮むけが解消されないのが分かりますよね。

しかも、ドバドバと水分が肉同士の隙間に流れ込んだらどうでしょうか?むしろ積み上げられた状態が不安定になりませんか?保湿のやり過ぎで肌が脆くなるのはこのためです。

保湿クリーム効果も実は表面だけ

保湿クリームなどで表面をたっぷり保護してあげましょう。

薄切り肉が積み重なった表面にバターを塗るようなものですね。

確かに、乾いた薄切り肉が多少はしっとりします。油なので。

しかし、潤って落ち着くのは一番表面のお肉だけ。2枚目以降はカピカピのままです。

つまり、保湿クリームなどでしっかり保湿してあげると、いかにも肌が潤っているように感じますが、角質層内部はカピカピのまま

ただ、水分蒸発を抑える、表面の角質がめくれるのを遅くできるというターンオーバー関連の好結果はあるということですね。

細胞間脂質のエース「セラミド」の良さを再確認

ではでは、セラミドを補ってみるとどうでしょうか?

剥がれそうな角質をつなぎとめてくれる

薄切り肉の隙間に、バターやマヨネーズを塗るようなものです。

そうすると乾いた薄切り肉でもお互いが多少はくっつきますよね?何もないより。

角質細胞同士を接着する。これがセラミドを中心とした細胞間脂質の一つの役割なんです。

実際に角質を一枚一枚めくってセラミドを塗ることはできませんが、セラミドは角質層に十分浸透していくので同じ状態になります。

角質同士はコルネオデスモゾームというジョイントみたいなものでくっついていますが、肌表面ではこれが外れかけて弱っています。垢となって剥がれるため準備をしておく必要があるからです。

しかし、皮むけ肌のように次々と剥がれられては困るわけ。なので細胞間脂質がそれをつなぎとめているのです。

肌水分量を維持してバリア機能アップ

セラミドが角質同士の隙間に増えました。

するとどうなるかというと、

角質
セラミド
水分
セラミド
角質

というサンドイッチ状態になり、肌奥から染み出してくる水分をキャッチしてキープするようになります

つまり肌水分量が上昇する。乾燥状態が緩和されるというわけです。

さらに角質の隙間も塞がるので、水分が逃げづらく、外部からの異物侵入も防げます。これがバリア機能です。

セラミド補給が以下に理にかなっているか分かりますよね。

セラミドが現状一番いい対策

セラミド以外じゃダメなの?

というと他にもあります。要は、角質細胞の隙間に充満し、水分を保持しつつ角質を他作法くっつけくれればいいので、他の成分でも不可能ではないでしょう。

ただ皮膚構造上、セラミドが一番ベストなのは間違いありません

ヒアルロン酸でも何でもいいのですが、最も安定して水分を保持し、肌なじみ、定着性が高いのは断トツでセラミドです。

何より、角質同士の接着剤となる細胞間脂質の主人公ですからね。セラミド不足が乾燥肌も皮むけも招くわけなので、これを使わない手はないっていうことです。

一番効果がある対策は洗顔・クレンジングを控えること

でも、仮に100%細胞間脂質を補えたとしても、乾燥皮むけが改善されないケースが非常に多くあります

その理由が洗顔とクレンジング、そしてメイクです。

しっかり洗顔・クレンジングはただの自己満足

洗顔とクレンジングには界面活性剤が含まれています。

界面活性剤は悪者にされがちですが、乳化剤(水と油を混ぜる)としての役割も大きく、乳化剤としての使用量なら普通は肌トラブルを招きません。

ただ、洗顔とクレンジングには多く含まれています。

顔の汚れやメイクを浮かせて、水と馴染ませて落とすためです。水と馴染まないと肌に残ったままになるからです。

ところがセラミドというのは細胞間脂質です。つまり「脂質」。油の性質を持っています

だから洗顔とクレンジングを入念にしている人は、セラミド不足になり乾燥し、皮むけが起きやすくなります

薄切り肉のケースでもそうですよね。

ちょっとドリップが出ているから洗おうとしたときに、洗いすぎるとカピカピになるでしょう。それと同じです。

少しでも汚れを残すと肌老化が起きるという間違い

汗やホコリ、皮脂汚れ、メイクが肌に残ると老化すると言いますが、だったら日中はどうなるんだ…と思いませんか?

24時間の内、睡眠時間以外が汚れとメイクで肌が覆われているのではないでしょうか?だからバカ丁寧に洗顔・クレンジングするのは間違いです。

もしそんなに肌に悪影響があるなら、既にみんな肌がボロボロになっていますよね?

それに一度細胞間脂質不足になると、元の状態に戻るのは相当難しくなります

ひどい乾燥肌になると治らないイメージがありますよね。それってつまり、セラミド量が元に戻ってこないのです。

セラミドは簡単に減らすことができます。でも、増やすのはむちゃくちゃ難しいのです。

セラミド保湿化粧品で補えばいいじゃん!

と思うかもしれませんが、セラミドを化粧品などで補うのは、あくまで自前で作れるようになるためのアシスト。100%の細胞間脂質ではないため、保湿化粧品だけで完璧な対策にはならないんですよ。

セラミドを低刺激で補える保湿化粧品

ここまで顔の乾燥皮むけ対策について書いてきましたが、はっきり言えることは、皮むけを抑える効果のある薬(当然、化粧品も)なんて存在しない、ということです。

皮むけしているところに、早く治そうとしてセラミド保湿化粧品を塗ると、セラミド以外の成分や界面活性剤、防腐剤などで肌荒れ、炎症を起こす可能性があります。

セラミド保湿化粧品を使う場合は、あくまで普段のスキンケア。乾燥や皮むけが起きる環境を作らないためのものですよ。

やはり重要なのは、洗顔などでセラミドを減らしすぎないこと。減らしすぎると何しても皮むけ乾燥肌は良くなりませんから。

時間があるなら一度皮膚科に行き、肌状態やアレルギー有無などを確認してもらいましょう。思わぬ違う原因が見つかる場合もあるからです。

肌が落ち着いてきたら、以下のようなセラミド系スキンケア化粧品を使うのがおすすめ。肌を豊富な水分で守り、透明感も上げてくれてかなり若々しい肌になりますよ。

安心!薬を塗ったあとにも使える医薬部外品

一番薬に近い存在なのがこのクリーム(医薬部外品)。主成分のライスパワーエキスNo.11はセラミドを増やす作用があります。

ライスパワーエキスNo.11配合コスメはコーセーやライスフォースなどがありますが、基本的にクリーム以外はエタノール配合なので皮むけしやすいお肌にはちょっと合いづらいですね。その点こちらは、主成分製造メーカー直販で、アトピー肌の人も保湿ケアにしようしています。

クリームですが伸びが良く、角質を痛めずにサーッと伸びます。洗顔後なら化粧水なしで塗るのも容易。香りも無臭。ベタつき、テカリもなく、ニキビができることもなかったですね。

こんな人に!

信頼性・安全性を重視したい
できるだけ皮膚を触りたくない

荒れやすい肌に適した刺激性カット重視

いくら低刺激性といっても、乾燥皮むけしやすい肌質は刺激に過敏。トライアルしてみて合わない場合は即刻使用中止を!無理して使っても悪化するだけですよ!

敏感肌に潤いだけでなくハリ感も生み出すのがアヤナス。敏感肌専門ブランドながら最先端美容も可能なのはこれだけですね。

セラミドで荒れやすい乾燥をケアしてベースを作り、コラーゲン育成ケア、糖化対策も行います。肌の冷え、炎症、ストレスなの皮むけ悪化原因となる要素を優しくケア。セラミドの裏側を支えるタイトジャンクションも整えるから、蘇ってきたときの肌の美しさ、キメの細かさに差が出ます。

特許技術のバリア機能ももちろん採用。守り、整え、さらに綺麗に。他社では2つのラインに別れる機能を1つにしてしまった他にはないコスメです。同成分で日中の乾燥、肌への刺激を守りながら綺麗に仕上げるアヤナスBBクリームも同時使用される方が多いです。

こんな人に!

ハリ感、たるみが気になる
明るさ、透明感不足が目立つ

セラミド不足で荒れる肌のケアにフォーカスした敏感肌専門ブランド。洗顔だけでなくクレンジングもラインナップ。皮むけ乾燥肌の主原因となるクレンジングもこれならスッキリ感を損なわずに綺麗にできます。

ケアは濃厚な化粧水とクリームの2点のみ。弱った角質を剥がさずにしっかりセラミド補給できます。クリームには特許のバリア機能があります。ワセリンのように刺激と水分蒸発をブロック。でもベタつかない画期的な技術です。

簡単で夜のケアが翌日夕方以降も続くくらいの持続力。肌を触る回数が圧倒的に減り、バッチリメイクの人も安心です。ただ優しいだけで潤わないありがちな敏感肌向けとはワンランク違うコスメです。

こんな人に!

普段メイクをする
荒れ気味で保湿が効かない

ニキビができやすい人に合う製品です。洗顔、化粧水、セラミド美容液の3点ケアでシンプル。全体を通してずっと水分感が強く、ベタつきやオイル感がほぼゼロです。大人ニキビができやすい人に特に好評。

セラミド美容液はかなりあっさりしていて、これで角質がしっとりするのか?と最初は疑問に思うでしょう。しかし純度の高いセラミドがピタッと肌を落ち着けてくれ、セラミドならクリームなんていらないんだ!というのが一番分かるコスメです。

製薬会社共同開発。配合成分種類は極小。成分濃度が高く、刺激性の不安も非常に少ない本格保湿化粧品です。

こんな人に!

皮脂が多い・ニキビができやすい
肌が薄くなって摩擦に弱くなっている(3点高水分ケアで優しい)

界面活性剤を試用しないヒト型セラミドのオールインワンゲルです。界面活性剤フリーのオールインワンなので、肌への悪影響は化粧品中最小レベル。角質を痛めずピタッと落ち着けるのに最適なケアです。

セラミド種類は超長鎖型という潤い保持に優れた種類。肌トラブル知らずな肌質の人に多いセラミドをたっぷりと補えます。

糖化対策、エイジングケアも両立。完全国産原材料と生産により、安全性と刺激性の無さは抜群です。まさしく弱い日本人の肌質に寄り添うオールインワンゲルです。

こんな人に!

触るだけで粉ふきするほど乾燥している
肌の衰えも気になっている

一般的なセラミドより肌への浸透性、安定性に優れたラメラ結晶化セラミドを配合。そのため隙間の荒れた角質にもしっかりとセラミドが馴染み、素早く高い保水性を発揮します。

白色ワセリンより優れたサンホワイトも配合。で浸透したセラミドにしっかりとフタし、荒れやすい肌でもセラミドの良さを最大限に活かすクリームです。

ラメラ結晶化済みのため水分が空気に触れづらく防腐剤フリー。肌荒れしやすい肌も安心。これで7日分500円なのは大きな魅力ですね。

こんな人に!

刺激を感じている
セラミドコスメを試したことがあるがダメだった